スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.04.15 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    白いジャージ

    0
      ケータイ小説「白いジャージ」を読みました。
      これもクラスの子どもに借りたもの。
      先生、めっちゃ胸キュンだよって言われてかりました。

      ケータイ小説の中では今のところ、一番良かったかな。
      先生に恋する女子高生のお話なんだけどね、
      割と純愛。
      カルい感じがなく、きちんと恋愛してたし、
      ラブだけじゃなくて家族愛とかも描かれていて、
      入りやすかったです。

      ただ、最初の方の先生に片思いしてる主人公、直の部分は恥かしい。
      読んでるこっちが照れてくるよ。
      だって、いくら好きだとしても運転してる姿を見て、
      先生のハンドルになりたい…
      とかって、ちょっとおかしくないか?(笑)
      まだ恋に恋をしていると言いますか、
      中学生のときなら分かるんだけど…
      うーん、高校1年生ってそんなもんなのかなぁ。
      あ、でもだからこそ、小学生には憧れちゃうのかな。
      クラスの子ども達はみんなキュンキュンしてますわ(笑)

      ケータイ小説って、結構、性描写がリアルじゃん?
      実はあたしはそこが心配。
      いやいや、いいんだけどさ、小学生対象ではないよね、あの部分って
      って、思わず先生の目線で見てしまいます。
      自分のときはどうだったんだろう?
      マンガでそういうシーンがあったりしただろうから同じなのかな?
      でも、ある意味『特別』と思ってたけどなぁ。
      教室で、とか、お外で、とか
      「恋空」のように集団で、とかが
      フツーとは思わないで読んで欲しいな(笑)
      という先生のささやかな願いです。


      おぉっと話を戻して、
      「白いジャージ」の内容ね。
      おばあちゃんのエピソードは感動します。
      あと教師との恋愛は最後にはバレてどうなる?っていう
      典型的なパターンがあるよね。
      それがくどくなくて、先生の他のエピソードが混ぜてあったのが良かったです。
      そこがまた二人が苦しむ度に胸キュンしちゃったよ。
      ちょっと泣けたし、うん。

      納得いかないのは
      お姉ちゃんが更生する場面。
      先生が何をしたのでしょう?
      こんなにあっさりいくなら、なぜって思う。
      それに「生徒に親身になってくれる人気者の先生」っていう設定だけど、
      それが全然見えてこない。
      疑問が残る。
      結局ただのエロ教師やんか!ってなるじゃん(笑)
      もう少しどの辺りがいい先生かの説明が欲しかったなぁ。

      後になればなるほど、どんどん文章も内容も良くなっていきます。すごく読みやすくて二日で完読。
      胸キュンしたい人にオススメです。

      ホームレス中学生

      0
        JUGEMテーマ:読書


        これも子供から借りました。
        去年イチバン売れた本ですよね、確か?

        とっても素直な文章で、荒削りな感じでしたが、
        そこにリアル感をすっごい感じちゃいました。
        嘘がなくって(たぶん)、読みやすかったです。
        こんな体験ってなかなかできるもんじゃないよなぁって・・・。

        田村さんのお兄さんお姉さんがすごいなぁって思った。
        そして、あんな風に見えたお父さんにも実はすごい苦労があって、
        心病んでいたんだなぁって。

        なにより、「うちにいればいいよ」って言ったお友達のお母さん、
        こんな心の広い人になりたいなぁって思った。
        そして、高校1年生のときの担任の先生のように、
        相談されやすい、信頼される先生でありたいって思った。

        オトナがっていうより、子供が読むのにちょうどいい本かなって思った。
        字も大きいし、2時間もかからず読めました。
        面白かったです。

        陰日向に咲く/劇団ひとり

        0
          JUGEMテーマ:読書



          あたしの読書週間、まだ続いています。
          ただね、読書すると夜になると、めっちゃ頭痛と眩暈が。
          読書のせいじゃないのかな。
          しんちゃんは目の疲れだっていうんだけど、
          なんで、こんなに頭がカチ割れそうなほど痛くなるのかが不思議。痛い。
          でも、本は読みたいの・・・。


          では、「陰日向に咲く/劇団ひとり」を・・・。
          これも、同僚の先生からお借りしました。
          うん、とっても読みやすいカンジでした。
          さて、映画化されてますが、いったいどの部分で?って思っちゃう。
          小さなお話がすこーーし絡み合っているのは分かるんだけど、
          そんな映画化にできるものなのか?と不思議になる。
          岡田やあおいちゃんは何の厄難だろう?
          あとで、検索かけてみますわ。

          内容については、「感動します!」って書いてあるけど、うーーん、そうかな?
          あたしは、文章が凝ってるなぁ、(物書き)素人なのにすごいなぁって思った反面、
          劇団ひとりのナルシストさがめちゃめちゃ出てる文章だと思った。
          深夜番組「ゴッドタン」で自作の歌を作ってうたってる劇団ひとりが、
          頭をチラついて離れない。
          一つ一つの言葉に「どうだぁ、俺ってこんな書き方もできちゃうぜ?」的なモノを感じて仕方ない。
          正直、ちょっとうっとうしかった。

          後からどんでん返し的な要素も多く含まれてるんだけど、
          ちょっとそこが分かりづらく、インパクトに欠ける。
          何度も読み返して読んでみないと把握しづらいの。

          でも、悪いばかりではなくて、基本は本当に読みやすかったし、
          スラスラ引き込まれていきました。
          第2作を書いて、全く違うテイストのモノが書けたらスゴイっすね。
          でも、劇団独りがもし、第2作目を書くんだったら、また読んでみたいって思えるかな。
          アノうっとうしさはイヤだけどね(笑)



          読書週間、頭痛と闘いながらがんばります。

          阪急電車/有川浩

          0
            JUGEMテーマ:読書


            どーも。
            今日スーパーへ行って、レジをしようと並んでいたら財布がないことに気がついたtinaです。
            自宅へ取りに帰りました。
            いやぁ、はずかしいものです・・・。

            今は小学校は読書週間です。
            と、いうことで、あたしも本の世界にどっぷり浸かっています。

            阪急電車/有川浩」の話でも・・。
            この本は「めざましテレビ」のブックランキングで紹介されていて、
            面白そうだなって思ったのがきっかけ。
            それを職場で話題にしていたら、同僚の先生がその日のうちに買ってきて、
            その日一日で読んでしまったそうです。
            で、すぐに勧めて貸してくれました。
            あたしも、やっぱり1日で読んでしまいました。

            舞台は阪急電車の中。
            いろんな人たちの偶然の出会いや人間関係がリンクします。
            ひとつひとつの駅で始まるストーリーの短編集のようなもの。
            で、それぞれの話が全て微妙にリンクし合って、絡み合って成長していくんです。
            恋愛あり、社会生活あり、祖母と孫の愛情あり・・・。
            おもしろいのは、その話が半年後になって、今度は復路がはじまるところ。
            本当にぐいぐい引き込まれて、本当に面白かった。

            また、登場人物がしゃべるところは全て関西弁。
            それはあたしにとって、めっちゃ魅力でした。

            もし、あたしがいつも乗っているような電車だったら、
            もっともっとテンションあがっちゃうだろうなぁ〜(笑)

            本当に素敵な本に出会いました!!


            今は読書週間。
            今日は「陰日向に咲く」を読んでます。
            たくさん、本をよむぞーーーー!!


            BASARA

            0
              JUGEMテーマ:漫画/アニメ


              えっと、今日はもう一つ。
              最近読んだマンガについて。

              BASARA/田村由美」です。
              職場のオバちゃん先生に借りました。
              あたし自身、恋愛少女マンガしか読まないので、「冒険モノ」は久しぶりです。
              恋愛が盛り込まれていたこともあって、スラスラ読めました。
              ・・・っていうか、どっぷり浸かっちゃった。

              時代は20世紀末に破滅が起きてしまって、その数百年後の日本。
              主役の更紗は、双子の兄タタラが目の前で「赤の王」に殺されてしまう。
              憎き「赤の王」を倒すために兄・タタラとして正義となって立ち上がる。
              行く先々の旅路で中間を増やしながら力を強めていくんだよね。
              そんな中で、ふと立ち寄った温泉でシュリという男の人に出会います。
              いつもは男の子として生きている更紗なんだけど、
              シュリの前では素直な女の子でいられるんだよね。
              そうやってじわじわと恋に堕ちていっちゃうのよ・・・キャ。
              でも、実はシュリは「赤の王」だった・・・!!!!!


              ヒィーーーーーってカンジでしょ?
              なんか結構オトナな話で、それにもびっくりなんだけどね。
              奥は深いのよ。

              シュリの男気にあたしはちょっとポッとなっちゃいましたよ。
              他にも覚えきれないほどの登場人物・・・。
              最後にはその○年後・・・みたいのもでてきて、
              本当に楽しませていただきました。
              一気に26巻まで読んじゃったもんねぇ。
              また、こうやって、ぐっとハマるマンガが読みたいものです。


              | 1/2PAGES | >>

              PR

              calendar

              S M T W T F S
                   12
              3456789
              10111213141516
              17181920212223
              24252627282930
              31      
              << December 2017 >>

              categories

              archives

              recent comment

              profile

              search this site.

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM